喰切ニッパー偏芯タイプ(エンドニッパー)

165mm EN-165S / 210mm EN-210 偏芯

↑クリックで拡大表示

  • 垂直刃が突起物の切断やソーイング、レザークラフト、籐工芸などに便利。
  • 刃が支点に近い偏芯構造のため軽い力で切断できます。
  • カシメやハトメの狭いすき間にも入り込みやすい薄刃タイプ。
  • フラット刃なので切断面がきれい。
EN-165S 2,280円(本体価格)
EN-210 2,600円(本体価格)

薄刃フラットタイプで断面はこれだけ違う!

従来のエンドニッパーでは切り口が山なりになってしまいますが、フラットタイプ薄刃仕様のEN-210(EN-165S)ではわずかな突起しか残りません。例えば銅リベットの長さ調節に使えば、その後の締結作業の効率が格段に向上します。

こんなにたくさん!喰切ニッパー(エンドニッパー)の用途

「喰切(くいきり)」とは日本の伝統工具の名称で、エンドニッパーと呼ばれる工具のカテゴリーに入ります。主に飛び出た釘の引き抜きやカットに使用されるイメージがありますが、実はそれ以外にも様々なシーンで活躍する便利な工具です。下にその一部をご紹介します。

DIY女子・ハンドメイド女子必見!ソーイングに便利なエンドニッパー♪

ファスナーの長さ調整に

洋服やファッション小物の作成では金属ファスナーを使うことも多くありますが、その長さ調整に便利なのが喰切です。偏芯タイプのEN-165S/210ならムシ(かみ合わせ歯)の取り外しも軽い力でOK!

レザークラフトでも大活躍!

カシメ、ハトメ外しに

レザークラフトには欠かせないカシメやハトメなどの金属パーツの取り外しに便利です。薄刃タイプのEN-165S/210ならパーツと革の隙間に刃が入りやすい!

靴や鞄の製作現場でも

革の接着はがしに

靴、鞄職人さんは接着された革製品の引き剥がしなどに喰切(エンドニッパー)を使用します。

アパレル業界でも

スタッズはずしに

革ジャンやデニム製品の装飾で使用するスタッズの取り外しにも便利。※刃開き幅がスタッズをくわえられる広さかどうか確認してご利用ください。

家具屋さん・家具リメイクDIYでも

タッカーの針カット、外しに

椅子やソファーの布地・革を貼るときに使用するタッカー。その取り外しや、飛び出た針先のカットにも喰切(エンドニッパー)が活躍します。

日曜大工や建築の現場でも

釘の引き抜き、カット

もちろん飛び出した釘のカットや引抜きなど、お馴染みの使用方法もバッチリ!EN-165S/210はフラット刃なので切った断面が尖りにくくきれいになります。

※釘の太さや材質にご注意ください。商品に記載されている材質の切断能力以上のものは切らないようにしてください!
詳細情報
  • 材料 | 特殊合金鋼
  • 焼入れ | 無酸化全体焼入れ、刃部高周波焼入れ
  • 刃部硬度 | 58~64HRC
  • 柄被覆 | 塩化ビニール
各部寸法(mm)重量
(g)
JANコード
(4952269)
全長刃幅刃開き幅頭部幅柄幅先端長
EN-165S170131334479210113297
EN-2102081613384710280113198
切断能力(φmm)真鍮線ステンレス軟鉄線(針金)銅線プラスチック
EN-165S3.02.02.64.05.0
EN-2104.02.63.24.06.0

※上記能力以上の対象物を切断しないでください。

TOP