刃研ぎQ&A

Q.ニッパーの刃を研ぐって何ですか?

A.包丁の刃を研ぐのと同じように、切れ味が悪くなってきたニッパーの刃を研ぎなおすことで、ニッパーの切れ味を回復することができます。

Q.研ぎ直して欲しいけど、実際に研ぐことができるのか不安

A.摩耗具合や構造上砥げない場合があります。まずは→刃研ぎができない例と→刃研ぎができる例の画像をご覧下さい。それでも分からない場合は、ニッパーの全体写真、ニッパーの刃の詳細写真をなるべく鮮明に映るように撮りメールで送ってください。写真でも研ぎ直しの判断ができない場合は、その後メールや電話でのやり取りで判断させて頂きます。
メールでのお問合せ:tsunoda-hp@tsunoda-japan.com
電話でのお問合せ:0256-92-5715

Q.商品を送ったけど刃を研ぐことができなかった

A.ニッパーの刃を研ぐことができなかった場合はメール、もしくは電話にてご連絡の上ご注文をキャンセルとさせて頂き、依頼品を弊社送料負担でお返し致します。「処分をしてもいい」という場合は弊社からの連絡時にお伝え下さい。
※返送費用は弊社が負担致しますが、送って頂いた際の費用の返金はございません。

Q.価格が1,800円(税別)になっていますが、これ以上のお金がかかる場合はありますか?

A.刃研ぎメンテナンス料金は、依頼するニッパーの数×1,800円です。これに加えて製品の返送時にかかる送料と、ヤマト運輸の代引きサービス利用手数料がかかります。また、お客様が依頼品を弊社にお送り頂く際の送料は、お客様でご負担お願い致します。

Q.刃を研いでほしいニッパーがたくさんあるのですか、お願いできますか?

A.恐れ入りますが現在多点数の刃研ぎ受注を停止しております。依頼品の種類や時期によっては受付可能な場合もございますので、10点以上の場合は一度お電話かメールにてお問い合わせ下さい。

Q.どのメーカーのニッパーも研げますか?ニッパー式の爪切りも研げますか?

A.ほぼ対応しておりますが、現在サービスの例外とさせて頂いている商品もございます。また製品の劣化が激しいものは対応できない場合もございます。特殊な形状で不安な場合や、状態が悪いと思われる場合にはメールにて製品の写真送付の上ご相談下さい。ゴッドハンド社のアルティメットニッパーの刃研ぎメンテナンスは現在受け付けておりませんので予めご了承下さい。

Q.刃研ぎを依頼する製品はどの方法で送ればいいですか?

A.どの方法でお送りいただいても結構ですが、万が一配送事故が発生した場合でも補償を受けることができる宅配便やゆうパックをおすすめしております。郵便などでは安くお送り頂けますが、トラブルの際の補償はほとんどありませんので自己責任にてお選び頂きますようお願い致します。いずれの送付方法におきましても、配送時のトラブルについての補償は弊社では承りかねますので予めご了承下さい。
※封筒に入れる際には新聞紙などの紙で製品全体を包んで封筒に入れてお送り下さい。封筒が破けるのを防ぐためご協力よろしくお願い致します。

Q.返信用封筒は必要ですか?

A.弊社で用意致しますので必要ございません。

Q.刃研ぎメンテナンスには何日くらいかかりますか?

A.サービスの混み合い具合にもよりますが、おおむね製品到着後3~6営業日以内に対応し発送致します。数が多い場合や納期が掛かる場合にはご連絡差し上げます。

Q.刃先が曲がったキューティクルニッパーはなおせますか?

A.元の状態には戻せません。曲がった部分の金属は弱っており、叩いてまっすぐに戻してもいずれ曲がってきます。そのため、弊社では曲がっている部分を”削り落とします”。必然的に刃先は短くなり、使用感覚も変わります。あらかじめご了承ください。

Q.刃を研ぎ終わったら連絡はもらえるのでしょうか?

A.研ぎ終わり次第すぐに発送致します。発送時にはメールにてご連絡差し上げます。

Q.ツノダからのメールが届きません/依頼したのに返事がありません

A.フォームの送信ミスの可能性があります。恐れ入りますがもう一度お送り下さい。どうしても送れない場合はtsunoda-hp@tsunoda-japan.comまで直接メールをお送り下さい。
※お客様のメール設定でメール受信拒否されている場合がありますので、上記ドメインからの受信を許可して下さい。
※一部ケータイメールアドレスで@(アットマーク)の前に記号や.(ドット)のあるアドレス、あるいは.(ドット)が2つ以上連続しているアドレスには弊社からメールを送る事ができません。恐れ入りますが別のメールアドレスを記載してお問い合わせ下さい。
メールでのお問合せ:tsunoda-hp@tsunoda-japan.com
電話でのお問合せ:0256-92-5715

TOP